ここから本文です。
ここから現在位置です。
現在位置ここまで。

エネモが行く!北海道のあの街この街

エネさんぽ vol.6 釧路編(2)「クランツ 春採本店」

こちらに掲載されている記事のポイント獲得期限は終了しております。

エネモが行く!北海道のあの街この街 エネさんぽ 釧路編「クランツ 春採本店」

ほくでんのマスコットキャラクター「エネモ」が
北海道のおいしい食べ物や、人気のお店、オススメのスポットを
ご紹介
します。
ぜひ、お出かけや旅行の参考にしてください。
あなたのまちも登場するかも!?

エネモちゃん
クランツ 春採本店の外観

さて、春採湖(はるとりこ)の帰りに気になるお店を発見。
1973年創業の老舗の洋菓子店「クランツ 春採本店」に寄ってみました。
手ごろでおいしい、添加物を使わない安心なお菓子のお店として、地元で長年愛されています。

店長の三浦一九美(いくみ)さん

「お菓子の主原料は体に優しいものだけを使います。小麦粉、砂糖、バターや生クリーム、牛乳、卵など、すべて道産品。着色も天然色素です。飽きのこないよう商品開発にも力を入れているんですよ」と、店長の三浦一九美(いくみ)さんです。

焼き菓子「ナイスゴール」「湿原の里」「しおたたき」

釧路を連想させるユニークな名前の焼き菓子は約30種類、ケーキも約30種類がそろいます。
アイスホッケーのパックをかたどったクッキー「ナイスゴール」130円(税込)、軟らかな生地に白あんを包んだ「湿原の里」130円(税込)、塩ざけがモチーフの「しおたたき」120円(税込)などなど。ユニークな商品名から郷土愛を感じます!

小豆パイ「しおたたき」

ちなみに「しおたたき」には、決して塩ざけは入っておりません。おいしい小豆パイですよ。
「釧路名産」と入ったオリジナルの箱もあるので、お土産にもぴったりです。

「がんこシュー」

ちょっと変わった形がかわいい「がんこシュー」150円(税込)。コック帽をイメージした創業当初からあるお菓子だそうです。甘さ控えめのカスタードと生クリームの2層がサンドされています。
さて、お土産のお菓子とシューを買って…どこかでひと休みしましょうか。

クランツ 春採本店

クランツ 春採本店

店長の三浦一九美(いくみ)さんとエネモ
ピンアイコン住所
釧路市春採7-15-18
電話アイコン電話
0154-46-5373
時計アイコン営業時間
9:00~21:00
カレンダーアイコン定休日
元旦のみ

※掲載情報は2022年5月11日時点のものです。

過去記事一覧へ戻る

ページの先頭へ戻る
本文ここまで。